これからを考える

中学受験をする上で、中学受験後のことを考えるようにしてください。主に目標などもありますが、受験をしてからどのようなことをしていくかを考えておかないと、合格してから足を進めることができなくなることがありますので注意しましょう。中学受験はあくまでも通過点でしかありません。その後のことを考えて進んでいかないといけません。ですから、受験に合格してもそれがゴールではなく次に進む道を作っていかないといけません。

それは幾つもの道があり、進んでいくごとに1つ1つ道が無くなったり、増えたりします。その道が途切れないためにも中学受験後のことを考えて進んでいく光を見つけるようにしましょう。それをしないとその後の生活に支障が出ます。場合によっては合格をしたことにより安心し過ぎて足を止め続けてしまうこともあります。それは良くないので、今後の目標を作りつつ中学受験の勉強をしていくようにしましょう。

目先の中学受験を考えた方が良いとは思いますが、足元だけを見ずに先を見ないといけません。面接などでも今後のことを考えているかの質問がある場合がありますので、それに備えるとも思って今後のことを考えるようにしましょう。そうすれば、しっかりと進んでいくことができるかもしれません。